--_--
--
(--)--:--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2017_12
16
(Sat)16:01

謎の料理に対する不信感

 忘年会の席で出る御膳の料理が苦手です。

 あの御膳料理とかで出てくる「見た目の形はきれいに整えられているのだけれどだからこそどんな食材を使用しているのかわからない創作料理」っぽいのもいいかげんにしてほしい。
 もちろん私個人の無知からくるものもあるだろうけど、周り座ってる人らもみんな首かしげて皿の上指さして「え…、なにこれ。なんなの、これ……」っていう空気ですっごいひそひそしてたんだぞ。
 ようやく一人二人が勇気出して一口サイズのその料理におそるおそる箸つけて、はしっこをちょっぴり口に入れて、それでもやっぱり「なんなの、これ……」ってすっごい困惑してた。
 私が食べてみた感想では、じゃがバターを四角く固めたような風味のナニカ、としか……

 忘年会の席で、御膳に乗せて出される、ほかの皿はわかりやすく和食の中に、どう味わってもバターかチーズみたいな風味のするナニカ。
 あれはいったい、なんだったのか。

 そして、なんで海なし県の岐阜や長野でわざわざ刺身やらなんやら出すの。鍋の具がカキとホタテって。海産物とか県内で採れないだろちくしょう。
 海なし県民には、海産物にテンション上がって喜んで食べる人と身近な食べ物ではない不慣れさから敬遠するタイプがいると思います。私です。

 同じ魚でも、海魚は苦手だったり。出すなら鮎にしてくれあれなら食える…!と毎回思う。貝とか、なまぐさいのいや。なんで海産物ってちゃんと火通って調理されてるのにあんなくさいの。むしろ火を通すとなぜよけいになまぐさくなるの。クラムチャウダーとか地獄かと思う。鍋のふたがされているのににじみでているあのなまぐささよ……

 魚ぎらいに関しては子供のころにのどに骨が刺さって病院行った覚えがあるので、トラウマ的に苦手意識がある。
 たとえ「この魚は骨少ないしそんな硬くないからのどに刺さったりもしないから!だいじょうぶだよ!」ってどんだけ言われようが魚の骨を取らずに食うことを私はしないし、そもそも食べたいと思わないのでわざわざ骨を取ってまで魚食べようとしない。骨がないところだけちょっとつつくだけである。

関連記事

COMMENT - 1

さくら  2017, 12. 16 (Sat) 16:16

突然の訪問、失礼いたします。
私はこちら⇒b--n.net
でブログをやっているきみきといいます。
色々なブログをみて勉強させていただいています。
もしよろしかったら相互リンクをお願いできないでしょうか?
「やってもいいよ」という方はコメントを返してくだされば、
私もリンクさせていただきます。
よろしくお願いします^^

Edit | Reply | 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。